コミュニケーション音痴からコミュニケーション講師へ!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.10.03 Wednesday | - | - | -
<< コミュニケーション音痴からコミュニケーションの講師へ。 | main | すごい接客。 >>
フジコヘミングさん「違い」について語る
日曜日にフジコ・ヘミングさんと美輪明宏さんの対談番組を見ていたら、フジコさんが「私はラテン民族が好きなの。かれらは寛大なのよね。床に吸殻捨てちゃうみたいな。
人間の一番の美徳って寛大さなのよ。人って、自分と違うところがあると気に食わない。もっと寛大になって違いを受け入れたら・・・戦争なんて起きないと思う」というようなことをおっしゃっていました。

床に吸殻捨てるのが寛大かどうかは別として(笑)「違い」を楽しむ余裕がほしいなぁ、日本人。と思いました。

まあ、ここ20年ほどでかなり価値観が多様化してきて、茶髪も顔ピアスもびっくりされなくなってきましたが・・・それでも自分の慣れ親しんだ人たちと「違う」人に出くわすと、バリアを張ったり、はじき出そうとする人が多い気がします。

拒絶するんじゃなくて好奇心を持つところからコミュニケーションが始まるんだよー。
2007.07.04 Wednesday | コミュニケーション | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2007.10.03 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

Commented by ショウコ at 2007/07/05 8:51 PM
CrossKさん、コメントありがとうございます。

違いを認めてもらうには、まず自分から人を認めること
だと私は思っています。

それから、まさにグリーティさんが書いて下さってることですが「違い」の部分に「好奇心」を向けることですねー。

そうすると、相手の方が自分という存在をまず受け入れてくれて、「受け入れた人の“違い”だから認めてもいいかな」と思ってくれるという流れが生まれるのだと思います。

Commented by ショウコ at 2007/07/05 8:45 PM
グリーンティさん、コメントありがとうございます。
コーチング、勉強中なんですね!
グリーンティさんはとっても温かく誠実に接して下さる方だから、ファンの方がますます増えていることでしょう。

フィルターを通さないで素直にどんどん聞いちゃうと、相手の方の話が面白くてもっと知りたくなるんですよね。
雑談を切り上げるタイミングを見つけるのが私の課題・・・
Commented by CrossK at 2007/07/05 11:43 AM
…違いを、認めてもらう、には…。
Commented by グリーンティー at 2007/07/04 8:31 PM
 「違い」を認めるって難しいことですよね。

 でも、コーチングを勉強し始めてから、この「違い」を許容うすることが、すっごーく大切なことに気づきました。
 人の話を聞くにしても、今までは無意識のうちに自分のフィルターを通してしまっていたことに気づきました。 
 ただ、今は、少しづつ「違い」を「好奇心」に変えていけるようになってきて、そんな自分の変化がまた面白いです。
コメントする









トラックバックURL
http://bee-hive.jugem.jp/trackback/2
この記事に対するトラックバック