コミュニケーション音痴からコミュニケーション講師へ!

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.10.03 Wednesday | - | - | -
<< フジコヘミングさん「違い」について語る | main | キター!!「すごい接客」氏からの手紙 >>
すごい接客。
新宿PePeの島村楽器で、めっちゃ感動的な接客をするスタッフの方に出会った。

私がフルートのショーケースをのぞきこんでいると、彼は絶妙のタイミングで、そよ風のようにさりげなく現われた。

商品をじっくり見たいのに、すぐ店員さんが飛んできてあーだこーだとセールストークを始めるからウンザリしてお店から出てしまうことってあると思うけど、彼は私がひと通り見て、さて帰ろうかなと思うちょっと前にすーっと現われた。

相楽さんとおっしゃる涼しげなイケメンで、チェロを弾いてるという。

私が他店で聞いてきた知識やその他もろもろをやわらかく包み込むように聞いてくれて、「そうなんです。フルートは日本のメーカーの評価がとても高くて・・・etc」

彼が「ぜひ試奏してみてください」と言うので、ギターの試奏はしたことあるけど、金管楽器の試奏ってできるんだぁ。。。と思いながら通販の二光で見たようなマウスピースでもつけて吹くのかと思ったら、そのまま口をつけて吹いてもいいと・・・

「こうやって持って、そうそう。音出してみてください」

試奏室にイケメンと二人っきりでなかなか音が出ない・・・ドキドキ♪

彼がアンケート用紙をとりにいってる間にもういっぺんトライしたら、おっ!音が出た。

「すごいじゃないですか。こんなにすぐ音を出せる方ってなかなかいらっしゃらないんですよ〜」」またまたぁ。誰にでも言ってるくせに。と思う私。でも言い方が誠意にあふれてるんだな〜これが。

それでもって「僕がいたから緊張してたのかなぁ〜」と言うんだけど全くイヤミがない。(そうなのよん♪待たせちゃ悪いな、と思ったからさぁ。と素直に思わせる純粋さがある)

「楽器をはじめられると、またこれまでとは違った出会いもあって世界が拡がりますし。。。いいと思いますよ。ぜひフルート演ってみてください。もったいないです。」売り上げ上がるといいな、良かったら買って下さい。じゃなくて、この人に新しいライフスタイルを提案したい、って想いが伝わってくる。

何って言ったらいいのかなぁ〜。その強すぎない“押し”がめっちゃ気持ちいい。そうそう、ハリ手で押されるのじゃなくて、ツボを押される感じの心地よい“押し”。

コーチ仲間にはいるけれど、なかなか日常でお目にかからない“ただ相手の可能性だけを見て共にいる”感じ。自己啓発セミナーにも行かず、コーチングも学ばずの素人さんだったら本当にすごい!

「またいつでもお立ち寄りください。当店でお買い求めいただいたら一生のお付き合いさせていただきます。試奏もいつでもおつきあいしますよ」

美容室のスタイリストさんにハマる話はよくあるけれど(私も高校の頃大好きなスタイリストさんがいました。)楽器店のスタッフの方にこれだけ魅了されるとは。
No Music No Lifeじゃないけど、新しい楽器に触れることで暮らしのスタイルまで変わるということを伝えてくれるって、本当に素敵なことだなぁ。う〜ん。感動のひとときでした。

そのうちフルート買いに行くよ〜相楽さん。お付き合いしてねっ♪

2007.07.05 Thursday | コミュニケーション | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2007.10.03 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

Commented by ショウコ at 2007/07/06 9:16 PM
グリーンティさん、コメントありがとうございます。

>だから自分が接客するときも、相手のツボがどこなのかを見>極める力が大切なのかな、と思いました。
 
お客さんが自ら求めてるものを話してくれる環境をつくってくれるといいんでしょうね。お客さんの楽しみや喜びをつくってあげたい、という感じが伝われば、きっと人は自分から話してくれるのだと思います。

>接客をうまくなる秘訣は、「いい接客」にたくさん触れるこ>とかもしれませんね。

私もそう思います。いいコーチングを受けるとそのエッセンスを吸収して応用できる、というのと同じですね。
Commented by グリーンティー at 2007/07/06 8:40 PM
 私も、その相楽さんに接客してもらいたくなりました。「ハリ手で押されるんじゃなくて、ツボを押される感じ」という表現が絶妙。
 きっと、人はツボを押されるような感じで接客されると「いいかも〜」と購買意欲が湧くんですね。だから自分が接客するときも、相手のツボがどこなのかを見極める力が大切なのかな、と思いました。
 接客をうまくなる秘訣は、「いい接客」にたくさん触れることかもしれませんね。
Commented by ショウコ at 2007/07/06 4:17 PM
谷口朋広さま

うれしいねぇ。初コメントありがとう。

>店員さんに気分のいい接客をされるだけでも、嬉しいのに、ましてや、それが魅力的な異性だったとしたら、なおさらでし>ょうね。

貴男に接客されて(*^^*)になってるお客さんがきっといると思うよ!

>イケメン店員さんを見習って、人当たりの良いコミュニケー>ションを、進化させてください。

はは〜承知つかまつりました_(__)_

Commented by 谷口朋広 at 2007/07/06 4:01 PM
店員さんに気分のいい接客をされるだけでも、嬉しいのに、ましてや、それが魅力的な異性だったとしたら、なおさらでしょうね。
イケメン店員さんを見習って、人当たりの良いコミュニケーションを、進化させてください。
Commented by ショウコ at 2007/07/06 10:06 AM
Mieさん、コメントありがとうございます♪

>日常で「いい男」に出会うのは「胸キュン」
>にさせられますよっね!!!!

そうですね!近所に買い物に行くようなTシャツ&メガネスタイルで出かけたことを後悔しました(笑)


>女性は特に「聴覚」で気分よくなるらしい・・・
>と言う説があるそうですw!

あ、聞いたことあります〜。確かに声の魅力的な男性に魅かれるかもっ。

Commented by mie at 2007/07/06 3:57 AM
うふふっ♪
さりげなく・・・
日常で「いい男」に出会うのは「胸キュン」
にさせられますよっね!!!!
女性は特に「聴覚」で気分よくなるらしい・・・
と言う説があるそうですw!
コメントする









トラックバックURL
http://bee-hive.jugem.jp/trackback/3
この記事に対するトラックバック